rss ログイン
愛知県埋蔵文化財センター  - 公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団

メインメニュー

ブログ月別一覧

**いろいろな情報









*考古学アーカイブ












**考古学を学ぶ

my weblog : 200812

12/16/2008

松崎遺跡 調査速報

Filed under: - palace @ 9:38 am

●調査課の川添です。
 古墳時代・古代の土器製塩の様相が実証的に証明されたことなどで、学史的に著名な、東海市松崎遺跡の調査の現在行っています。調査は、名鉄常滑河和線沿線の東側を沿うように実施しており、今回の調査で、松崎遺跡と南西側に立地する同じく製塩遺跡の上浜田遺跡との地形的な関係がわかるものと考えております。
 現在の調査は、北半分・松崎遺跡側を行なっております。調査区は遺跡の西端に当たるようで、西側に向って地形が傾斜し、当時の海へとつながるようです。松崎遺跡が立地する砂堆は一つの大きなものではなく、実際には幾筋かの砂堆が集まったものであること、そして細かく複雑な凹凸があることが分かりつつあります。

松崎全景

 当時の製塩活動を示す証拠としては、分かりやすい形ではありませんが、重なって堆積する遺物包含層として確認することができます。現在のところ、この遺物包含層は、微地形の高いところに沿って、北側と南側の大きく2ヶ所に分かれて存在しています。北側では古墳時代の製塩土器を中心とし、南側では古代の製塩土器の出土が中心であるといえます。また、南側の遺物包含層では、部分的ではありますが良好な貝層が点在しています。同時に貝類採取も行なっていたのでしょうか。

松崎全景

 現在、北側はほぼ調査が終了し、南側の調査を行なっています。地元説明会では、この南側の遺物包含層の様子を見ていただこうと考えております。


12/5/2008

惣作遺跡 調査速報

Filed under: - palace @ 1:02 pm

●調査課の成瀬です。
 鹿乗川改良工事に伴い10月より安城市木戸町で惣作遺跡の調査を行っています。調査はAa・Ab・B・C区に分けて行っており現在は最後に残ったAa区を調査をしております。ここではこれまでの調査について概要をお知らせしたいと思います。 
 Ab・B区では古墳時代から古代にかけての川が見つかり、川の中からAb区では古代の灰釉陶器や木簡などの木製品が、B区では古墳時代前期の土器や臼・梯子などの木製品が数多く出土しています。

木簡
▲古代の木簡出土状態

木製品
▲古墳時代の川から出土した土器・木製品

 B区ではこの他古代の竪穴住居や土壙などが見つかっており、古代の瓦・灰釉陶器・須恵器などが出土しています。

 C区では江戸時代の河川や弥生時代の竪穴住居・土器棺などが見つかっています。江戸時代の川からは下駄などの木製品が出土しています。

竪穴住居
▲弥生時代の竪穴住居

 こうした調査成果をふまえて12月14日(日)に地元説明会も予定しております。詳しくはこちらから。


12/1/2008

埋蔵文化財展 終了のおしらせ

Filed under: - palace @ 3:01 pm

10 月18 日から11 月16 日まで、開催していました埋蔵文化財展。先日の撤収作業をもって、無事終了しました。
期間中、講演会や埋蔵文化財講座、ワークショップなどたくさんの方々と語り合うことができました。
 11 月2 日の埋蔵文化財講演会は115 名、11 月16 日の埋蔵文化財講座2は52 名と、大変たくさんの方々にご参加いただきました。また、展示期間中の総入場者数は、7,481 名でした。
 今回の埋蔵文化財展では、28 名のボランティアの方々に、展示の準備、展示期間中および展示の撤収までいろいろなお手伝いをお願いしていました。このボランティアの皆さんと一緒に、埋蔵文化財展を過ごす間に、従来の展示会では得られなかった貴重なご意見やご感想をたくさん頂きました。ありがとうございます。

講演会
▲埋蔵文化財講演会

展示1
▲ JR ウォーキング開催日の展示室

展示2
▲ボランティアさんの活躍

講座
▲埋蔵文化財講座2


10 queries. 0.011 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.