rss ログイン
愛知県埋蔵文化財センター  - 公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団

メインメニュー

ブログ月別一覧

**いろいろな情報









*考古学アーカイブ












**考古学を学ぶ

my weblog : 200808

8/27/2008

あいち埋文ワークショップ vol.2 ご報告

Filed under: - palace @ 3:21 pm

 昨年に引き続き、今年も平成20年8月23日(土)と24日(日)の2日間、愛知県芸術文化センター地下2階「アートプラザ・ビデオルーム」において、パネル展示およびワークショップを実施いたしました。

 今年度は、朝日遺跡や現在調査中の遺跡の概要のパネル展示とプレゼンテーションにくわえ、遺跡から出土した昆虫の観察も体験していただきました。
 ペーパクラフトもこれまでのものよりも、作りやすい「高杯」を用意しました。

参加人数は、2日間でのべ156名でした。夏休みでもあり、今年は子供達の歓声がたくさん聞こえました。


▲ムシと語り合い

詳細は こちら


8/15/2008

岡崎市車塚遺跡地元説明会のご案内

Filed under: - palace @ 1:23 pm

◎調査課の池本です。

車塚遺跡は岡崎市岩津町に所在する弥生時代後期〜古墳時代を中心とする集落遺跡です。
竪穴建物などの遺構や、須恵器・土師器等を中心とする出土遺物が確認されています。
8 月23 日午前11 時より現地で地元説明会を開催しますのでお立ち寄り下さい。

車塚

詳細は こちら です。


8/1/2008

羽根遺跡 調査速報 その2

Filed under: - palace @ 4:21 pm

◎調査課の成瀬です。
 6月末より調査していたC 区の調査について概要をお知らせしたいと思います。

 C 区は旧宗桂寺境内を含む区画です。1面目の調査では表土除去の段階で一石五輪塔などの石塔類が崖面にまとまって廃棄されていたことから墓域の可能性を考えていましたが、墓壙と思われるような穴はほとんどなく柱穴と考えられるピットが多数確認されたことから何らかの建物があったと考えられます。また崖面の崩れをおさえるための石積みにも一石五輪塔などの石塔類を他の石と一緒に積んでいることが確認されました。また出土遺物としては、土師皿や内耳鍋、釜などがありA 区1面目同様17 世紀初頭あたりのものがまとまって出ています。

羽根石塔
 ▲石塔廃棄状況

 2面目の調査では1面目にあった石積みを除去しその周辺の整地土を取り除き調査を行ったところ1面で確認した平坦面とは異なる方向で平坦面の造成が行われていたことが確認されました。整地を取り除く段階で多くの内耳鍋、釜の破片が出土しており戦国期のものと考えられます。
羽根C区2全景
 ▲ C 区2面目全景

 現在はB 区の調査を行っており、8月9日に現地説明会も予定しております。詳しくはこちら から。


10 queries. 0.011 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.