rss ログイン
愛知県埋蔵文化財センター  - 公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団

メインメニュー

ブログ月別一覧

my weblog : 200810

10/28/2008

埋蔵文化財講座1のご報告

Filed under: - palace @ 10:52 am

10月19日(日)午後1時30分から埋蔵文化財講座1が開催されました。
たくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。
ご質問などもたくさんお寄せいただき、大変充実したときを過ごすことができました。
講座1

また、午前11時には、埋文ワークショップの1回目を開催しました。
こちらでも土器に直接ふれていただいたり、ご質問を受けたりしました。
ワークショップ限定のパレススタイル土器の高杯ペーパークラフトもご好評いただきました。
ありがとうございました。
ワークショップ1

埋蔵文化財展は、11月16日(日)まで開催しています。
展示会場1

< <関連事業>>
■埋蔵文化財講演会 *埋蔵文化財展の会場とは異なります。
演題:「風水害と古代社会」
講師:早川万年(岐阜大学教授) 
日時:平成20年11月2日(日)午後2時〜4時
会場:稲沢市総合文化センターホール(稲沢市国府宮三丁目1番1ー101号)
*名鉄「国府宮駅」より徒歩5分。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
*参加申し込み不要 

■埋文ワークショップ 
会場:稲沢市荻須記念美術館 一般展示室II
日時:平成20年11月9日(日) 午前11時から約40分
    *参加者にはワークショップ限定、オリジナル土器ペーパクラフトをプレゼント
    *参加申し込み不要

■埋蔵文化財講座  (定員40名) 
・講座2 日時:平成20年11月16日(日)午後1時30分〜4時
内容:「尾張国分寺とその時代を考える」
講師:梶原義実(名古屋大学講師)、北條献示(稲沢市教育委員会)、
  城ケ谷和広(愛知県埋蔵文化財センター調査課長)
*ご注意!こちらの参加申し込みは、終了しております。


10/24/2008

2008年度 埋文展開催!

Filed under: - palace @ 11:56 am

去る10月18日(土)、稲沢市荻須美術館において、2008年度埋蔵文化財展が始まりました。
今回のテーマは次の通りです。

『A.D.775 巨大台風 尾張国府・国分寺を襲う
-瓦が語る尾張の国プロジェクト 尾張国中島郡の古代災害史をひも解くー』

展示会場には、尾張国府跡出土の妙興寺の鬼瓦を始め、たくさんの遺物が展示されています。
また、稲沢市内の文化財保護のパイオニアとされる原米吉さんのコレクションも展示されています。
会場では、新しい埋文展キャラクターの「鬼板」さまが、皆さんをご案内します。
是非、ご来場ください。

鬼板さま


10 queries. 0.010 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.