rss ログイン
愛知県埋蔵文化財センター  - 公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団

メインメニュー

ブログ月別一覧

my weblog : 201002

2/27/2010

下懸遺跡 地元説明会のお知らせ

Filed under: - palace @ 6:00 am

 日頃は、埋蔵文化財の調査・研究につきまして、ご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。この度、安城市小川町で発掘調査中の下懸遺跡の地元説明会を、下記の通り実施する事になりましたのでご案内申し上げます。
 下懸遺跡は、三河地域で初めて古代の木簡が出土したことで注目されていますが、今年度の発掘調査でも古代の木簡が発見されました。

        記

1 日 時  平成22年2月27日(土曜日) 午前10時〜
2 場 所  安城市小川町 下懸遺跡調査区
3 内 容  調査成果の説明、出土品の展示
4 主 催  (財)愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター
       電話0567-67-4163 http://www.maibun.com 
       安城詰所 安城市小川町向田  電話 0566-99-8171 
5 駐車場  駐車スペースがありませんので、公共交通機関をご利用下さい。
        名鉄西尾線 桜井下車 徒歩15分
地図

風景
木簡


2/26/2010

須長10号墳 地元説明会のおしらせ

Filed under: - palace @ 1:30 pm

**雨天が予想されるため、中止させていただきます。

 日頃は、埋蔵文化財の調査・研究につきまして、ご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。愛知県埋蔵文化財センターでは、平成22年1月より新城市須長地内の『須長10号墳』の発掘調査を行ってまいりました。
 須長10号墳は、新城市に約200基あるといわれている古墳の一つで、南北約15m、東西約14mの古墳時代後期の円墳だと思われます。古墳の埋葬施設は横穴式石室で、周溝が確認されました。古墳周辺には竪穴建物跡などの遺構も見つかり、土器も出土しています。
 つきましては、これらの発掘調査の成果を見て頂きたく説明会を下記のように開催いたしますので、皆様お誘い合わせのうえ、ぜひお越し下さい。

        記


1 日 時  平成22年2月27日(土曜日) 午後2時〜
2 場 所  新城市須長字天王 須長10号墳発掘調査現場
3 内 容  調査成果の説明、出土品の展示
4 交 通  駐車スペースがありませんので、公共交通機関をご利用下さい。
        JR飯田線「三河東郷駅」より 北へ徒歩約30分

地図

写真1

写真2


2/9/2010

桑下城跡 調査報告

Filed under: - palace @ 9:41 am

◎調査課の伊奈です。

 11月21日(土)に開催しました瀬戸市上品野町の桑下城跡地元説明会には大勢の方々に足を運んでいたき、ありがとうございました。9月から始まった今年度の発掘調査も1月で無事に終了しました。今回はその後の調査結果を中心に報告します。
全景 
▲調査区遠景

【調査概況】
尾根上の曲輪(くるわ:城の中の平場)東西2カ所で大溝が見つかりました。大溝は底面の幅70cm程の箱堀で、形状から通路とも考えられます。溝の西端では、この溝を埋めた後に掘削された溝から土留めと考えられる石組みが見つかりました。また、この大溝が途切れる辺りから柵列と考えられる穴がコの字状に展開しています。
大溝 
▲尾根上の大溝と柵列跡

調査区南側の大きな曲輪中央部分で火災が起きたと考えられる焼土や被熱した石が出土し、火災後の整地面(第1面)、焼土が広がる面(第2面)、築城当初と考えられる面(第3面)を確認しました。地元説明会では第1面の概要を報告しました。  

< <第1面>>
 曲輪中央で南北方向に走る石組みの溝が見つかり、溝からは鳥形水滴、猪形水滴、合子(ごうす)などが出土しました。また、部分的に石が組まれたL字状の溝も見つかり、溝の中は焼土や炭化物で埋まっていて直接火を受けたと思われる部分もありました。北東部分では石組みの井戸も見つかっています。出土遺物は豆天目、茶入、水滴などの大窯(おおがま)製品の他、茶臼、鉄製刀子(とうす)、ガラス製数珠玉(じゅずだま)、中国産染付碗などが出土しています。
曲輪1
▲地元説明会 南側曲輪の第1面

井戸
▲石組みの井戸

< <第2面>>
 南側は1m以上の盛土がされており、曲輪全体で大規模な造成が行われたことが分かりました。中央部分に焼土が広がっており、火災が起きたと考えられます。
 焼土の広がりの北西部分でL字状の溝が、中央部分でも別の溝が見つかりました。
中央部分の溝の中は焼土塊が多数埋まっており、溝の底部から鳥形水滴や匣鉢(さやばち)、銅製金具が出土しました。また、この溝の東側の焼土層から豆天目が、南側の炭化物集積部分から兜の一部である鍬形台(くわがただい)が出土しました。発掘調査で鍬形台が見つかることは大変珍しいことです。西隣の曲輪との境で古い時期の特徴を持った石垣も見つかっています。
 出土遺物は、第1面・第2面共に内耳鍋などの日常生活用具はあまり出土しませんでした。このことから、この曲輪は日常生活とは異なる特殊な空間だったとも推測できます。
焼土
▲南側曲輪 焼土の広がり(第2面)
     
遺物
▲南側の曲輪の出土遺物(水滴、合子、豆天目)
     
鍬形
▲鍬形台
     
毛彫り
▲鍬形台の毛彫り

< <第3面>>
 曲輪のほぼ中央で南北方向へつながる約3mの石列が見つかりました。この石列の東側は南方向へと大きく落ち込んでおり、西側は溝や柵列が隣の曲輪へと続いていて一体の平場だったと考えられます。
 出土遺物は平碗、直縁大皿、耳付水注、卸目付大皿、天目台など古瀬戸製品が多く、他には東濃型山茶碗や中国産染付碗も出土しています。
石垣
▲石垣と溝、柵列跡
            
曲輪3
▲南側曲輪 第3面

< <その他>>
 桑下城築城以前と考えられる大きな穴が複数見つかりました。これらは地山を掘り抜き底面中央に小穴を伴っており、縄文時代の陥穴(おとしあな)と考えられます。陥穴の1つからは石鏃(石のやじり)が、南側の曲輪からは旧石器時代の細石核(さいせっかく)という石刃(石器)の元になる部分が出土しました。
             

 以上、4回に及ぶ調査によって桑下城の性格が明らかになってきました。本丸周辺は大規模に改造されており、侵攻勢力である松平氏や今川氏の関与がうかがわれます。これに対して、従来城外とされていた本丸西側の小曲輪群は築城当初の形状が残り、在地領主である永井(長江)氏の居城域であった可能性が高まりました。このように、有力大名が在地領主の館城(やかたじろ)に入って新たな城を形成した例として城郭研究にとって大きな成果を残すことができました。今後も調査研究を進めていきたいと考えています。


10 queries. 0.013 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.