rss ログイン
愛知県埋蔵文化財センター  - 公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団

メインメニュー

ブログ月別一覧

my weblog : トヨガ下遺跡 調査速報 その3

12/17/2013

トヨガ下遺跡 調査速報 その3

Filed under: - palace @ 9:10 am

**トヨガ下遺跡 13A・B区調査終了**

トヨガ下遺跡は、豊田市下山田代町内に所在する遺跡です。


▲13A・B区全景(東から,12月12日撮影)


▲遺跡遠景(南西方向から)

 13B区では尾根筋から少し下がったところに、陥穴(おとしあな)が見つかりました。縄文時代に属すると思われます。また近代以降の炭焼跡(すみやきあと)と思われる円形の凹みは、尾根の上や急斜面の途中にみられました。


▲陥穴(おとしあな)の断面

 13A区北端では平安時代の遺物を含む谷状の地形を調査しました。
 現在も絶えず水が流れる小川となっていますが、ある時期に岩盤が大きく崩れ、大きな花崗岩が谷の大半を塞ぐように埋まっています。


▲調査区北端部 谷地形(013NR)の検出状況


▲墨書のある灰釉陶器碗(013NR出土)

 灰釉陶器の碗・皿類、壺類、煮炊き用の土師器甕、板状の木製品などは、谷の下層と岩の上などでも出土しています。当時の人達は、すぐ近くで作業をしていたようです。


▲岩の上の遺物出土状況


▲出土した板状の木製品

 また、調査区西側にかけての範囲では、散漫ながらも縄文時代(前期,後期)の土器が、黒色土層の上面から出土しています。ここの黒色土層の下でも火山灰(約9,300年前,鬱陵隠岐(うつりょうおき)火山灰か?)が検出されました。


▲縄文前期土器


▲縄文後期土器


RSS feed for comments on this post.

ƤˤϡޤȤդƤޤ

Ȥ

ʤߥȤդ뤳ȤϽޤ

12 queries. 0.010 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.