rss ログイン
愛知県埋蔵文化財センター  - 公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団

ニュース

投稿者: palace 投稿日時: 2019/11/15 12:07:38 (287 ヒット)

令和元年8月10日に開催された上ヲロウ・下ヲロウ遺跡の現地説明会の配布資料PDFを、サイトに掲載しました。
どうぞ、ご活用ください。

ダウンロード>現地説明会資料>2019年度


投稿者: palace 投稿日時: 2019/11/6 9:22:04 (281 ヒット)

先日(11月2日)実施した稲沢市の一色城跡の説明会資料を公開しました。

*下記のダウンロードサイトより、ご利用ください。

ダウンロード>現地説明会資料>2019年度




投稿者: palace 投稿日時: 2019/10/23 15:09:15 (430 ヒット)

稲沢市 一色城跡発掘調査の地元説明会のご案内

開催日:令和元年11月2日(土)
    午前11 時から正午 雨天中止(小雨決行)

会 場:一色城跡発掘調査現場および現場詰所(稲沢市西島町、【別図】参照)



内容:遺構の見学、出土遺物や調査写真の展示と資料配布(調査員が説明します)

遺跡全景(南東上空から)

土師器甕の出土状況(古墳時代後期)

古墳時代後期の溝

中世陶器(古瀬戸)や山茶碗が出土した溝(鎌倉・室町時代)

主催:(公財)愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター

交通:駐車スペースが少ないため、徒歩または自転車でお越しください。

その他:参加は無料です。足元が悪いので動きやすい服装や履物でご参加ください。

問い合わせ先:愛知県埋蔵文化財センター調査課 (担当:永井【電話】080-1571-4990)


投稿者: palace 投稿日時: 2019/10/16 16:30:00 (399 ヒット)

 設楽町内の石原遺跡と万瀬遺跡の発掘調査を6月より進めてきました。
 石原遺跡は、昨年度から本調査を行っています。昨年度は、主に縄文時代の遺構と遺物が検出されました。今年度の調査では、縄文時代から弥生時代の遺構・遺物が確認されています。
 石原遺跡について、10月26日(土)午前10時より、地元説明会を開催します。
 是非みなさん、お越しください。


投稿者: palace 投稿日時: 2019/9/26 16:00:55 (416 ヒット)

 令和元年5 月上旬より日光川上流浄化センター内にて実施して参りました遺跡発掘調査ですが、おかげさまで調査は順調に進み、10 月末頃に終了する運びとなりました。工事期間中、皆様にご協力いただきました事を御礼申し上げます。
 今回の発掘調査が終了する前に皆様にご覧頂きたく、地元説明会を下記の内容にて実施いたします。是非、この機会にご来場ください。

        記
1日時:令和元年10 月5 日(土)
       10 時30 分〜、13 時30 分〜(1 回30 分の説明) 14 時30 分閉場

2場所:稲沢市平和町須ヶ谷長田295-3(下の地図参照)
     メタウォ−ター下水道科学館あいち(愛知下水道科学館)

3内容
 ・スライドを用いた説明、出土遺物の展示( 今年度と昨年度の出土遺物)
 ・発掘現場見学( 天候や調査の進行によっては見学を中止する場合があります。
                   発掘現場での説明はありません)

4留意事項
  (1) お車で来場の際、駐車場についてはメタウォ−ター下水道科学館あいち( 愛知下水道科学館) をご利用ください。   
  (2) 駐車場から発掘現場まで約500mです。駐車場の数に限りがありますのでなるべく徒歩での移動をお願いします。
  (3) 歩きやすい履き物でご来場ください。

5問い合わせ先
 公益財団法人 愛知県教育・スポーツ振興財団  愛知県埋蔵文化財センター調査課
           電話 0567-67-4163 FAX 0567-67-3054



*************************
一色青海遺跡 発掘調査の成果
*************************

一色青海遺跡は、稲沢市一色青海町を中心に儀長町、井堀野口町、平和町須ヶ谷にかけて広がる弥生時代から江戸時代の遺跡です。
 平成5 年度から、日光川上流浄化センターの事業に伴う埋蔵文化財発掘調査が行われており、本年度も5 月より調査を行なってまいりました。
 見つかった遺構や遺物は大きく二つの時期にわけられます。まず、鎌倉時代から江戸時代、そして、弥生時代です。
 鎌倉時代から江戸時代の遺構は溝と大きな土坑( 穴)がありました。土坑は幅や長さが2 〜 3 m の長方形プランのものが、1 0 基ほどあり、これらは鎌倉時代、室町時代の墓とも考えられています。
 弥生時代では土坑に加え、昨年の調査でも見つかっている大きな溝や自然流路( 川)の続きの部分がみつかりました。下の写真は弥生時代の溝です。右の溝は幅が約6 m 、深さは約1 . 2 m 、左の溝は幅が約7 m 、深さは約1 . 5 mもあります。
 これらの溝はもともと大きな自然流路があった場所に掘られています。現在は、その自然流路を調査中です。


▲弥生時代の甕
( 口ではなく台の付いた底部)


▲弥生時代の溝


(1) 2 3 4 ... 19 »
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.